NEW

2015年アイドル界のブレイク筆頭?  夢みるアドレセンスに加わった“最後のピース”とは

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015010-yumead.jpg

『輝け!夢アドアワード2014』の様子。(写真=藤巻祐介)

【リアルサウンドより】

 2014年も大詰めであった12月29日に、これほど2015年に向けた大きな期待をファンに贈ることができたアイドルはそうはいないだろう。2014年12月29日に東京国際フォーラム・ホールCで開催された夢みるアドレセンスのワンマン公演「輝け!夢アドアワード2014」はそうしたライヴであった。

 会場は3階席まで埋まっており、なかなかの壮観。そしてライヴがスタートすると、「OVERTURE」でそれぞれ四角いライトに囲まれた5人のメンバーが登場した。2014年11月にリリースされたインディーズ・ファースト・アルバム「第一思春期。」のリード曲「ステルス部会25:00」では早くも「盛り上がってるのかー!」と煽る。続く「絶対的シンパシー」は、四つ打ちだがEDMにはならない匙加減が絶妙だ。

 そしてこの日の夢みるアドレセンスのライヴで感心したのは、その時点ではまだインディーズでありながらも、メジャーアイドルのようにステージ上のセットがしっかりしていたことだ。前述した四角をモチーフにしたライトは楽曲にあわせて縦横無尽に移動し、そしてステージ自体も3段まであるという構造だ。

続きはこちら