NEW

偏見多い「てんかん」...病名変更を検討もイバラの道

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 てんかんの専門医の団体・日本てんかん学会が、「てんかん」の病名変更の是非について検討を進めている。医療現場では近年、「精神分裂病」が「統合失調症」に、また糖尿病、高血圧症などの中高年に多い慢性疾患を示す総称を「成人病」から「生活習慣病」へと変更するなど、同じような動きが相次いでいる。このような動きは概ね旧来の病名に基づく誤解などを解消することが目的だが、今回のてんかんに関する病名変更の検討は置かれている事情が少々と異なる。なぜ今、てんかんの病名変更が必要なのか―。
 
 まず、てんかんという病気がどんなものか触れておきたい。てんかんは精神疾患と称される「心の病」ではない。体内の神経の機能などが異常をきたす「神経疾患」である。人間は大脳からの指令が電気的信号として神経を通して全身に伝えられるが、この電気的信号が過剰で興奮状態となり、発作が起きるのがてんかんだ。この発作も体が固まったように一瞬動きが止まる、意識を失って倒れるなど様々な形態があり一言では表現できない。