NEW

アルツハイマー克服のカギは"嗅覚"!? においを活用した検査と予防法が進化

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

aroma.jpg
香りを楽しみながら認知症を予防

 超高齢化が進む中、誰もが健康に歳を重ねたいと願っている――。

 2013年、厚生労働省研究班の調査によると、国内の65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%(約462万人)に上ること(2012年時点)が分かった。認知症になる可能性がある「軽度認知障害(MCI)」の高齢者も約400万人いると推計された。65歳以上の4人に1人が認知症とその"予備軍"となる計算だ。

 その認知症のなかでも、アルツハイマー型認知症とヒトの嗅覚との間には、強い相関関係があることが、多くの研究で明らかになってきた。たとえば、その症状として最初に現れるのは嗅覚障害だ。

 米・シカゴのラッシュ大医療センターでは、54~90歳までの男女589人の嗅覚検査をし、その後5年間、アルツハイマー型認知症に移行する恐れのある認知障害の発現を調査した。

 その結果、30,1%の人が該当。嗅覚機能が低かった人ほど、認知力が低下するリスクが高いことが分かった。