NEW

高齢者の自殺を考える:身体面だけでなく精神面を含めたケアが必要!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 全国の自殺者は最近やや減少に転じているものの、依然として1年間に3万人前後を数えており、深刻な社会問題となっている。そこで、筆者が実際に経験した救急医療現場での症例とともに、「高齢者編」と「若年者編」に分けて、その実態を紹介する。今回は高齢者の自殺のケースを見てみよう。

●症例1(70歳代・女性)
 5年前に乳がんと診断されて手術を受け、術後、抗がん剤や放射線療法を受けていた。その後の経過は思わしくなく、切除部の痛みや倦怠感を訴え、落ち込んでいた。ただし、精神科、心療内科への受診歴はなかった。
 ある日、漬物の染料として用いられる硫酸銅200gを水を加えて飲み嘔吐。患者は夫と同居していたが、自殺を企てたときは不在であった。
 自殺を試みて90分後に当院に救急搬送。搬送時には意識清明で、頻呼吸、動悸を訴え、扁桃腺の発赤が著明であった。口腔内は青色を呈していた。酸素吸入や点滴を行い、さらに解毒の目的でペニシラミンの注射も施行した。しかし、翌日、呼吸状態が悪化し、肺炎を併発。更に肝臓の機能が著しく低下し、入院後9日目に亡くなった。