NEW

羽生結弦が緊急入院&手術!その原因となった「尿膜管遺残症」とは?なぜ、いま手術?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 あの男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が2014年暮れも押し詰まった12月30日、緊急入院し、手術をした。一体、彼に何が起こったのか?

 振り返れば11月8日、中国上海で行われた2014-2015シーズンのグランプリシリーズ第3戦男子フリーの直前練習で、中国の選手と激突し、頭部や下顎から流血、足をねんざするなどの大怪我を負った。直後に頭や顔にテーピングと包帯をした痛々しい姿で出場、何回も転びながら、銀メダルを取り、感動の声も上がる一方、体調を心配する声も上がった。

 11月28日から30日にかけて開催されたNHK杯は直前まで出場できるかどうか危ぶまれたが、なんとか出場、総合順位4位。ランキング6位と最下位ながら、かろうじてグランプリファイナルへと進出した。

 日本時間12月12日から14日までバルセロナで開催されたグランプリファイナル大会では自己ベストを更新、日本男子初となる大会2連覇を達成。

 さらに12月26日から28日まで長野で開催された 全日本選手権で優勝し、見事に大会3連覇を達成した。

 しかし27日のフリー演技後、これまでにないほど息を切らし、汗をしたたらせていた羽生結弦選手は、インタビューでも体調の悪さを話していた。