NEW

石油暴落は次世代戦闘機の技術実用化が影響している? ロックフェラーの不穏な動き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

davidrockfeller0109.jpg
デイヴィッド・ロックフェラー氏「endrtimes」より

 石油価格が急落している。2014年の7月上旬まで1バレル(約159リットル)100ドル前後だった原油価格は、7月28日を境に急落。1月現在、1バレル50ドル前後とおよそ50%も価格が暴落したのだ。経済評論家の中には、この先30~20ドル台まで下落する可能性を指摘する声もあり、今後も石油の値下がりは続く可能性は高い。

 ここで注目したいのが、この事態を見込んでいたかのように、9月23日、ロックフェラー兄弟財団は石油関連に投資している8億4000万ドル(約900億円)の資金を引き揚げると発表していることだ。ロックフェラー財団は石油資本として有名なエクソンモービルを母体としているが、そんな彼らが石油エネルギー関連事業から事実上撤退する意味とは何なのか?

続きは【トカナ】で読む