NEW
自殺

若年者の自殺を考える:自殺の手助けとなる情報の規制が必要!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

shutterstock_180424418-2.jpg
急性薬物中毒患者の95%以上が発作的に大量服用 shutterstock

 全国の自殺者は最近やや減少に転じているものの、依然として1年間に3万人前後を数えており、深刻な社会問題となっている。そこで、筆者が実際に経験した救急医療現場での症例とともに、「高齢者編」と「若年者編」に分けて、その実態を紹介する。今回は若年者の自殺のケースを見てみよう。

●症例1(19歳・男性、専門学校生)

 母親と2人暮らしで、学校で友人にいじめられたり、無視されるようになった。そのうち「学校に行きたくない」と訴えるようになるとともに、家庭でも母親に暴力を振るい、「死にたい」と口走ることが多くなった。それと同時に、感情の波が激しくなっていった。

 ある夜、市販のバファリンAを106錠(アスピリン34.98g相当)を飲んで自殺を図る。30分後に頭痛、動悸、発汗、呼吸苦が出現し、母親が救急車を要請。服用から4時間10分で当院に搬送された。

 アスピリン血中濃度は104.4 mg/dL(常用量服用時は20 mg/dL以下)と高く、横紋筋融解症と急性腎不全を併発していたため、解毒および腎臓の働きを回復させる目的で血液透析を3時間行った。アスピリン血中濃度は23 mg/dLに低下し、腎臓の働きも次第に回復した。

 その後、患者は落ち着きがなく、時には大声を出したり、暴れたりして、精神的に不安定な様子であった。