NEW

元極楽・山本圭壱、望まれない復帰 元事務所激怒?「性的資質は変わらない。危うすぎる」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山本圭壱 お笑いライブの告知HP
 2006年7月に淫行騒動で所属事務所の吉本興業を解雇されて以降、事実上芸能活動休止状態だった山本圭壱(元極楽とんぼ)が、1月19日に下北沢駅前劇場(東京)でお笑いライブを開催することが明らかになった。

 かねてから山本の復帰を待望していることを公言してきた元相方、加藤浩次はもちろん、山本を慕ってきた田村淳(ロンドンブーツ1号2号)ら芸人仲間たちがエールを送っている。このように芸人たちの間で復帰支援ムードが盛り上がる一方、かつて山本を解雇した吉本はいたって冷ややかな対応をみせている。それどころか、加藤が司会を務めるテレビ番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)内で山本復帰を大きくアピールしていることに対し、日本テレビに不信感を抱いているようだ。スポーツ紙記者は語る。

「山本の場合は未成年淫行の疑いで警察の事情聴取を受けたが、その後に被害者との間で示談が成立したため前科はありません。しかし、吉本上層部は『性犯罪者の再犯率は高く、そうした性的資質は簡単に変わるものではない。タレントとしては危うすぎる』と山本を信用しておらず、契約には後ろ向きのようです。加えて、一昨年には更正のため寺修行していることが明らかになったが、その後週刊誌などで“脱走”や“二股肉欲愛”などを次々報じられたこともありました。加藤は『スッキリ!!』内で『事務所の力も僕の力も借りずに、あいつが独りでどれだけできるのか』と熱弁し、結果的に全国放送でライブを告知した格好となり、田村はライブ告知用HPをSNSを通じて宣伝。こうした状況を吉本上層部はよく思っておらず、『山本は反省しているように見えない』とこぼしています」

●テレビ復帰は難しい?


 また、テレビ局関係者も次のように語る。

「例えば前科のある芸能人をスポンサーありきの地上波で起用することはかなり難しいです。執行猶予中に週刊誌などで話題になったとしても、テレビ局は積極的に扱いません。執行猶予などが明けて芸能界に復帰すればニュースとして取り上げることはしますが、仕事の宣伝になるようなことは自粛します」

 そのため、「吉本上層部は、『スッキリ!!』でテリー伊藤などコメンテーターたちが山本を過剰に支援する発言を日本テレビが野放しにしていることについて、よく思っていない」(前出スポーツ紙記者)という。

 とはいえ、地上波やスポンサーがつく大きな仕事は望まないまでも、ライブ活動を軸に活動を続けていくことは可能。今回の復帰ライブはチケットなしの“投げ銭制”だが、劇場のキャパシティは約100人と限りはあるため告知用HPで予約を受け付けている。一部報道ではあっという間に予約が埋まってしまうだろうというポジティブな見方も多い。