NEW

E-girls、最新アルバムがチャート1位に 「元旦リリース」が持つ戦略性とは?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

参考:2014年12月29日~2015年1月4日のCDアルバム週間ランキング(2015年1月12日付)(ORICON STYLE)

 2015年最初のアルバムチャートを制したのは、1月1日発売のE-girls『E.G.TIME』。正直、昨年夏に「おどるポンポコリン」のカバーをシングルでリリースした時は「ちょっと迷走してるのかなぁ」と思ったものですが(結果的にそのシングルは初登場5位と、E-girlsの近年のシングルでは最も低い順位に終わりました)、アルバムではデビューアルバムから3作連続1位と、しっかりと結果を出してきました。作品の内容は、中田ヤスタカ・プロデュース曲から山口百恵のカバーまで、曲ごとの振れ幅が非常に大きな仕上がり。最近の日本のポップスのメインストリームにおいては、特に女性シンガー/グループの場合、アルバム単位では音楽的に統一感のある作品が主流となってますが、そんな時流に逆らうような全方位的なごった煮感がきっと彼女たちの良さなんでしょうね。

 ところで、たまたま昨年も年始一発目のタイミングでアルバムチャートのコラムを書いたのですが、その時の1位は2014年のやはり1月1日発売の三代目J Soul Brothersのアルバム。で、そのコラムでも触れたようにその前年の年始初週の1位も2013年1月1日発売の三代目J Soul Brothersのアルバム。でもって、2012年の年始初週の1位は2012年1月1日発売のEXILEのアルバム。つまり、これで2012年から4年連続でLDH関連のグループが元旦発売のアルバムで1位を獲っているということになります。

続きはこちら