NEW

風邪薬を買ってきて飲むことは百害あって一利なし!? 風邪を治す薬はない

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kazegusuri.jpg
風邪薬が風邪の治りを妨げる!?

 ほとんどの医師は風邪薬を飲まない。なぜなら、風邪を治す薬はないからだ。

 そもそも風邪は実はひとつの病気を指す言葉ではない。鼻水、鼻づまり、のどの軽い痛みや咳、38.5度未満の発熱など、喉から上の上気道に症状がとどまっている「かぜ症候群」またの名「普通感冒」であるが、その原因となる微生物はひとつではない。だいたい200種類以上、さらに次々に変異していくため、変異まで考えれば、とてつもない数になる。そのひとつひとつに合う薬を開発するのは非現実的。それが「風邪を治す薬」が開発されない理由だ。