NEW

やきそば弁当、ペヤング不在の隙を突きついに東京進出?都市伝説?製造元を直撃!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「やきそば弁当」(東洋水産)
 カップやきそば「ペヤングソースやきそば」(まるか食品)が店頭から消えて早1カ月以上。インターネット上では、ペヤング不在の間隙を縫って「やきそば弁当」(東洋水産)が東京進出を目論んでいるといった情報や、実際に東京都内のスーパーで見かけたという目撃談などが飛び交っている。

 その話題のやきそば弁当とは、東洋水産が北海道・小樽工場で製造、北海道限定で販売しているカップやきそばである。なぜ「弁当」なのか正確な理由はわからないが、麺の戻し湯で溶く粉末スープが付いているからだろうと筆者は勝手に理解している。ちょうど戻し湯の必要量が平均的なマグカップの容量と同じなので、カップ1杯分のスープも同時に楽しめるというわけだ。

 やきそば弁当には普通サイズ(132g)、大判サイズ(173g)、さらに大きい「でっかいやきそば弁当」(258g)の3種類があるほか、中華風醤油、塩、たらこ味、ちょい辛、あんかけ風がある。ソースの味は基本的に甘めで、1975年の発売以来北海道では絶大な人気を誇るロングセラー商品となっており、道内のスーパーならどこでも売っている。ガラナ(ドクターペッパーに似た炭酸飲料)やソフトカツゲン(乳酸菌飲料)と並んで、北海道出身者が脊髄反射的に反応するソウルフードである。

 北海道限定なので、本州以南の小売店では基本的に売っていない。青森県の一部で販売しているという説はあるが、東洋水産によれば「北海道のみ」だといい、同社の自社オンラインショップでも扱っていない。小売店への配慮から取り扱い商品はギフト製品などごく一部に限定しているためだ。ただし、東京にあるアンテナショップでは購入が可能だし、アマゾンで箱買いすることも可能だ。筆者宅でも欠かさずというほど頻繁ではないが定期的にアマゾンで箱買いしている。
 
 ペヤングの騒動拡大は、ペヤングに「信者」と呼んでもいいほどの超コアなファンが多数存在していることも原因の一つになっていると思われるが、頭数こそペヤング信者にはかなわないものの、やきそば弁当にも信者は多い。ネット上で話題になっているのも、この信者たちの存在ゆえだろう。
 
 そこで、本当にやきそば弁当が関東でも販売される予定があるのか、東洋水産に確認したところ、「その予定はまったくない」(同社CSR広報部)という。

●東京進出説が広がる理由


 ではなぜ東京都内で目撃されているのか。考え得る可能性としては、(1)やきそば弁当を扱っている問屋の一部から東京の小売店が仕入れた、(2)アマゾンで仕入れた、(3)東京にある北海道のアンテナショップから仕入れた、の3通り。製品は基本的に問屋を通して小売店に卸される。「北海道限定」を維持するには問屋の協力が欠かせない。基本的に問屋とは、特約店契約などのかたちで販売先を道内の小売店に限定する契約になっているはずで、このこと自体は合法だ。