NEW

内視鏡や腹腔鏡の手術の増加とともに意外な問題 立体視できない医師がいたら...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

3d.jpg
もし立体視できない医師がいたら......

 厚生労働省は2014年12月、群馬大学医学部附属病院で腹腔鏡を使った肝臓の切除手術で患者8人が死亡した問題などを受け、同院に医療法に基づく立ち入り検査をする方針を決めた。

 塩崎恭久厚労大臣も「尋常な事態ではない」とコメント。厚労省は、立ち入り検査の上で、同病院について、高度医療を提供し診療報酬が優遇される「特定機能病院」の承認取り消しも含めて対応を検討するという。

 同病院では、亡くなった8人のほかにも開腹手術でも過去5年間に10人が死亡。いずれも第2外科助教の男性医師が執刀しているという。

 腹腔鏡手術は、体に数か所の小さな穴を開け、カメラなどの器具を入れて行う。開腹手術に比べて体へのダメージが少なく、回復が早いため手術に伴う入院期間も短くなる。現在、一部のがんにも高度先進医療として応用されており、注目されているロボット手術などもその一つだ。

 いまや手術は、内視鏡や胸腔鏡、腹腔鏡などの小さなカメラを患部近くに入れ、メスも小さな穴から入れて患部を切除する鏡下手術が盛んだ。メリットばかりが大きくクローズアップされがちだが、術者には従来の手術とは全く異なるテクニックと特殊な器具を扱う習熟した技術が要求される。

 さらに、手術はモニターを見て行うため、立体感や遠近感が把握できなかったり、死角となる部位に危険なことが起こっていても気づかない場合がある。