NEW
碓井広義「ひとことでは言えない」(1月16日)

視聴率惨敗のNHK『花燃ゆ』が抱える不安 評価は早計、面白くないはずはない

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』公式サイト(「NHK HP」より)
 2014年から15年へ。テレビもまた新たな年を迎えた。年末特番の喧騒の中で見つけたオアシスのようなドラマと、今年の放送界を代表する任を負ったドラマ。年末年始の2本をオトナの目で振り返る。

●年末特別ドラマ『東京センチメンタル』(テレビ東京系)


 出演者のタレントとつくり手だけが楽しんでいるような年末特番ラッシュに閉口していた昨年12月30日夜。年末特別ドラマ『東京センチメンタル』(テレビ東京系)にじんわりと癒された。いわゆる大作や問題作ではない。むしろ逆で、中年オヤジの淡い恋物語なのだ。

 しかし、主人公の和菓子職人を、昨年放送され人気を集めたNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』の吉田鋼太郎が演じたことで、俄然魅力的なドラマとなっていた。吉田が演じる久留里卓三はバツ3で現在は独身。結構惚れっぽい。10年ぶりで再会した設楽靖子(高岡早紀)と東京・谷中の町を散歩しながら、また仕事上のつき合いがある木崎みゆき(黒川芽以)と深川を食べ歩きしながら、つい「もしかしたら」という勝手な妄想が湧き上がる。

 結局、子供と多額の借金を抱えた設楽は北海道の資産家を選び、若い木崎は結婚のお知らせを送ってくる。つまり片想いのままフラれるのだが、久留里は執着しない。「ま、いっか」という余裕の負けっぷりが微笑ましいのだ。オトナの男は、こうでなくてはならない。

 このドラマには「町歩きの楽しみ」という裏テーマがある。日常からのささやかな逸脱。オトナならではの趣味だ。ドラマの中に登場する谷中の「カヤバ珈琲」も、深川の「イベリコバル門仲」も実在の店だ。この辺りは『孤独のグルメ』(テレビ東京系)を想起させる手法で、どの店も行ってみたくなった。

 今年もまた、テレビ東京はオトナの男の味方であってほしい。そんな願いが叶いそうな、オトナなドラマだった。