NEW

賃貸住宅、同じ物件なのに不動産業者間で数十万円の差?損しないための裏テクニック

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「写真素材 足成」より
 毎年1月~3月は新入学や入社に伴い、人の移動が徐々に増え、併せて引っ越しシーズンもピークを迎えます。当然ながら賃貸住宅の需要が最も多くなる時期でもあり、一方で入居者の入れ替えに伴う空室もたくさん出てきます。

 簡単に言ってしまえば、1月から3月は入居したい人も多く、空き室もたくさん出てくるので、この時期の賃貸住宅は「サッと出て、サッと決まる」という高回転な状態にあるということになります。

 特に、単身者向けのワンルームなどの小さなサイズの部屋は、大学の入試結果が出る2月上旬頃から急激に需要が増え、人事異動や新人配属で若い社会人が動く3月末頃までが最盛期になります。また、社会人の移動は3月が最も多くなるため、ファミリー向けの物件はやや遅れて最盛期を迎えます。3月は、一瞬ですが、人気エリアなど地域によっては物件が足りなくなることもあります。

 引っ越すことが決まっている場合には、一足早く1月から引っ越しに向けた準備を始めている人もいると思いますが、まず物件を探す際には、手始めにインターネットで物件情報を集めるのが一般的でしょう。その際、まったく同じ物件が別の不動産会社の情報として出ているものを見たことがあると思います。その同じ物件が、礼金や敷金などの条件、時には家賃が異なっていることさえあります。単純に掲載ミスや情報のタイムラグなら納得できますが、実際にA社経由では「礼金は家賃2カ月分」、B社経由では「礼金なし」ということがあります。

 なぜこのような違いが生じるのでしょうか? オーナーは、物件情報を複数の不動産会社から出すことが可能となっています。そのため、物件情報を提供する不動産会社の考え方や営業力などによって、同じ物件でも条件が異なるのです。この場合、集客力や営業力が弱い不動産会社ほど条件を緩くする傾向にあります。

 しかし、多くの方が「同じ物件でも、取り扱う不動産会社によって条件が異なる」ということを知らずに、不利な条件で契約してしまっています。先の例で、礼金2カ月分の違いは家賃10万円の物件ならば20万円も損することになるのです。そのような不動産業界の情報を知っているのと、知らずに物件探しするのとでは大きな違いとなります。

●物件検索時に必ず確認すべきポイントとは


 そこで今回は、条件の良い物件を見つけるために、重要なのに意外と知られていないポイントをお教えいたします。

『賃貸生活A to Z』


新生活を始める人、いまの家に不満がある人、必携の1冊。理想の家で、快適に暮らすテクニックを不動産の専門家が「コッソリ」教えます。

amazon_associate_logo.jpg