NEW

世界レベルの医療機関に発展した韓国のサムスン医療院の野望

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

korea.jpg
医師と看護師など約6500名が勤務するサムスンソウル病院

 韓国の医療の特徴とは何であろうか? その特徴は「産業的」医療であるという点に尽きる。

 韓国政府は1980年代前半まで、経済成長を優先させ、その余った税金を社会保障にあてるという、いわば救済策のような政策しか講じてこなかった。1961年に公務員年金と生活保護、1963年に軍人年金といった制度が設けられているが、それは限定的なものであり、政権の正当性のために実施される、という範囲にとどまっていたのである。

 韓国の公的医療保険制度が本格的に実施されたのは1977年、従業員500人以上の事業所の勤労者とその扶養家族を対象とした「職場医療保険」からである。1987年に軍事政権が終わり、その後、民主化プロセスが進むと、1988年に自営業者、1989年に非都市住民が制度の対象となって、国民皆保険が達成された。

 しかし、国民皆保険制度といっても金銭的な制約があり、対象となる医療に対するカバー率は低い。日本の公的皆保険のカバー率に比べれば3分の2から半分くらいではないかとも言われている。