NEW

カラスは真っ白・タイヘイ、Yasei Collective・松下…ジャズ新潮流とシンクロする気鋭のドラマーたち

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150116-karasu.jpg

【リアルサウンドより】

 1月14日にリリースされたカラスは真っ白のサードミニアルバム『HIMITSU』が面白い。カラスは真っ白は2010年に結成された札幌を拠点とする4ピースで、ファンクやジャズをベースに、高い演奏能力を誇る男性の楽器陣と、CAPSULEやPlus-Tech Squeeze Box、Cymbalsなど、渋谷系第二世代のキュートな音楽を愛する紅一点のボーカリスト、ヤギヌマカナという一見アンバランスな組み合わせが、絶妙なポップミュージックに着地している。『HIMITSU』ではよりロック的なアプローチを強めていることもあって、すでにフェスなどで大活躍しているゲスの極み乙女。やパスピエのようなバンドと、よりファンクやディスコ色の強いShiggy Jr.やORESAMAといった次世代ポップアクトとの、ちょうど中間に位置する存在になったと言えよう。

 ここで注目したいのが、ドラマーであるタイヘイの存在。ライブではMCを担当し、切れ味のいいカッティングで攻め立てるギタリストのシミズコウヘイ、愛嬌のあるキャラクターと、名前通りのグル―ヴィーなプレイが魅力のベーシスト、ヨシヤマ・グルービー・ジュンに比べれば、一見地味なようにも見えるタイヘイだが、バンドの屋台骨となっているのは間違いなく彼のドラミング。昨年8月に地元の札幌で行われた『SAPPORO CITY JAZZ~Park Jazz Live Contest~』に、門馬由哉Quartet(現North Pandemic Groove)として出場し、見事グランプリを獲得するなど、その実力はすでに折り紙つきだ。

続きはこちら