NEW

眠れない、眠りが浅い、眠りたくない...... 世界一短い日本人の睡眠時間、あなたは大丈夫?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

sleep.jpg
こんなふうに「寝落ち」できれば......

 夜型生活が当たり前になりつつある。それに輪をかけ、さまざまなストレスが現代人の心身をいためつけ、睡眠障害の悩みはつきない。

 昨年開かれた日本睡眠学会で、スリープウェル(本社・大阪市)が興味深い『日本人の睡眠2014』を発表した。同社が開発した小型の医療機器脳波計を921人が使用して自宅で睡眠を計測した。

 その結果、総就床時間は男性6時間25分、女性6時間16分(全年齢平均)。就床時間は年齢とともに増加するが、①入眠潜時(覚醒時間から眠りに入るまでの時間)の延長、②中途覚醒の増加で睡眠効率が低下。「深い睡眠の割合」はどの年代でも女性≧男性で、女性の方が上回っていた。さらに男女とも加齢とともに睡眠時間が減少することも分かった。

 昨年発表されたOECD(経済協力開発機構)のアンケート調査によると、OECD加盟国の睡眠時間の平均は、男性が7時間41分、女性7時間36分。世界中で日本人は1時間15分以上も"超短時間"睡眠であることが明らかになった。