NEW

再婚・安達祐実の不可解な暗部 ヌードやAV出演の母との確執の“真相”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『F’ee ’a 11ans 安達祐実写真集』(角川書店)
 昨年11月13日にカメラマン・桑島智輝と再婚した女優・安達祐実。前夫のお笑いタレント・井戸田潤(スピードワゴン)との間にもうけた8歳の長女を抱え、約20年ぶりの主演映画『花宵道中』(14年公開/監督・豊島圭介)で注目を浴びていた直後の結婚となった。

 安達といえば、2歳から芸能活動を開始。カレーのCMで注目を集め、本格的に女優として活動をスタート。12歳の時に連続ドラマ『家なき子』(日本テレビ系)で大ブレイクした。子役として大活躍する安達の傍で“ステージママ”として注目されたのが、現在タレントとして活動する安達有里だ。

 母娘でのテレビ親子共演もたびたび見られたが、2005年に祐実が井戸田と“デキちゃった婚”。母の有里は井戸田との相性が悪く結婚を反対、結婚後は母娘の関係にひずみができたと伝えられた。

 その後の有里は06年にヘアヌード写真集を発売、08年には2年ぶりのヌード写真集を発売、さらに09年にはAVデビューまでしてしまう。老舗プロダクション・サンミュージックで優等生女優として生きる祐実との母娘確執説は加熱していった。安達親子に近い関係者は語る。

「あれはサンミュージック側の演出です。確かに祐実さんが結婚してから互いに自立し合って、これまでのべったりした関係はなくなりました。祐実さんが子育てには群馬の親戚を頼っていたのも確かですが、それは有里さんにも仕事があったから。確執報道が流れる間も2人はしょっちゅうメールや電話で連絡を取り合っています」

 さらに民放テレビ局関係者は語る。

「2人の所属事務所は違いますし、AV出演した有里さんを地上波の番組で起用するのはなかなかハードルが高いので、昔のような母娘共演というのも難しい。それでもほぼフリー状態の有里さんのことを思って、祐実さんが『有里のほうもよろしくお願いします』と裏では口添えしているほどです。しかし、祐実さんにとってAVデビューまでしてしまった“不良ママ”有里の存在はイメージ的にプラスではない。憎しみ合っているわけではないですが、ビジネス上は距離をとっておくほうがいいという祐実サイドの判断なのです」

 祐実の子役時代の活躍は有里のお陰といわれてきたが、祐実自身も仕事に対してシビアだ。初めてのヌードを披露した映画『花宵道中』のPRをかねた女性限定の舞台あいさつの際には、出産のために人生で初めて長期間仕事を休んだことを振り返り、「私の場合は出産後、うまい具合に復帰できず、すぐには前のように仕事がなかった」と沈んだ表情で本音を吐露したとも。さらには「今はこうやって照明を当ててもらえているだけでありがたい」としみじみ語った。8歳の娘は最近祐実の姿を見て「女優になりたい」と言うこともあるというが、「芸能界は厳しい世界ですからね。私はたまたまラッキーな芸能界人生でしたけど」と、娘のデビューを望んでいないと堅実な考えを明かした。