NEW

菜食主義、シェアハウス、パーティ……現役パンクロッカーが見た、アメリカ・パンクスの生活

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140119-ishiya-05th_.jpg

テキサス州オースチンのライブハウスのバーでの様子。半野外で、店員も友人が多く気分よく飲める場所だ。

【リアルサウンドより】

 ハードコア・パンクバンド、FORWARDのボーカリストを務めるISHIYA氏が、自身の海外ツアー体験をもとに、その音楽シーンの違いや海外ならではの風習をレポートする本連載。第1回【一般家庭のリビングでライブも……現役パンクロッカーが米国ツアー最新事情を報告】では、アメリカと日本のパンクシーンの基本的な違いを、第2回【東海岸には禁欲的な“ストレートエッジ”のパンクスも 現役パンクロッカーが米国各地のシーンを紹介】では、アメリカのパンクシーンの音楽性などについて紹介してきた。第3回では、アメリカのパンクスのリアルな生活に迫る。(編集部)

 アメリカ体験談3回目の連載となる今回は、アメリカのパンクシーンの生活状況について書いてみたいと思う。日本でもアメリカでもパンクスというのは基本的に金が無い。そんな中で筆者が体験した、アメリカのパンクス達の日常を紹介していこう。

続きはこちら