NEW

2014年のハロプロを完全解析! ファンイベント「ハロプロ楽曲大賞」の結果から考察する

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 「ハロプロ楽曲大賞」というファンイベントがある。これは、ハロー!プロジェクトのアイドルたちが1年間でリリースしてきた楽曲すべてを対象として、ネット上で投票を募り、集計して、そのランキングを見てみんなで楽しもうじゃないかという趣旨のイベントである。結果発表は、毎年12月30日深夜に新宿ロフトプラスワンにてトークライブ形式で行われている。

 第1回は2002年に始まり、2014年まで13年間続いている。参加者は毎年右肩上がりに増加しており、昨年末に開催された「第13回ハロプロ楽曲大賞'14」では3395人を記録した。統計学的に見ても、一種の指標として参考にするのには充分な数と言えるだろう。投票受付時期の12月上旬、そして結果発表の12月末までの期間は、年末独特の高揚感も手伝い、ファン界隈では毎回ちょっとしたお祭り騒ぎの様相を呈している。

 また、この方式は他のアーティストにも応用可能で、「ハロプロ楽曲大賞」からの派生企画である「アイドル楽曲大賞」も2012年より開催されている。さらに「ジャニーズ楽曲大賞」をはじめ、有志によるオマージュ企画なども発生している。

 ……と、ここまで他人事のように書いてしまったが、このハロプロ楽曲大賞を主催/主宰しているのは、本稿の執筆者でもある私ピロスエです。企画を始めた2002年当時は一介のハロプロファンだった私ですが、年月を経て編集/ライター業が本業になり、今回こうしてリアルサウンドさんから「ハロプロ楽曲大賞の結果を分析してほしい」という原稿依頼がくる事態に発展してしまいました。いささかマッチポンプ気味ではありますが、主宰者であると同時に投票者(毎年欠かさず投票しています)そしてハロヲタの一人としての視点から、今回2014年度の結果について以下書き進めていきます。

続きはこちら