NEW

副業がいつしか年商4500万円超に…経験者が明かす「Amazon輸出」で儲ける方法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像: 『現役トップセラーが教える Amazon輸出の教科書』著:佐々木惇/ぱる出版

 流行の移り変わりが激しいネットビジネスの世界ですが、ここ2、3年の間、注目を集めているのが「Amazon輸出」です。

 「Amazon輸出」は、インターネットを使った個人輸出ビジネスの一つで、世界最大の通販サイト「Amazon」のマーケットプレイス機能を使って日本の製品を海外に売り出し、利益を得るという仕組みです。

 特に2013年以降、「アベノミクス」によって円安が進み、輸出ビジネスが活況になるなかで関連書も出版され、「Amazon輸出」に挑戦する人は増えました。

 ところが、大半の人が思うような成果を挙げていないといいます。

 それは一体どうしてなのでしょうか?

 公認会計士協会準会員である佐々木惇さんは、副業としてはじめた「Amazon輸出」が軌道に乗って年商4500万円を超えるほどとなり、2014年7月に会社を設立。今は「Amazon輸出」に関するコンサルティングの仕事もしているといいます。

 『現役トップセラーが教える Amazon輸出の教科書』(ぱる出版/刊)はそんな佐々木さんがノウハウを伝授してくれる一冊。「Amazon輸出」というビジネスモデルを理解するところからはじまり、「考え方」をみっちりと教えてくれます。

■「Amazon輸出」で利益をあげるために検討すべき3つのこと


 どうして利益がなかなか出ないのでしょうか。

 佐々木さんは、「Amazon輸出」で利益を上げるためには、いくつか検討すべきことがあると言います。それが以下の3つです。

(1)売上を増やす
(2)仕入原価を安くする
(3)経費を安くする

 この中でさらに重要なものが(2)「仕入原価を安くする」です。「Amazon輸出」は販売価格が勝負になるため、価格を上げることになる(1)はかなり難しい。そうなると、どうしても(2)と(3)が鍵となります。

 特に(2)は物販のキモ。仕入値を下げることで、利益が増えるだけでなくライバルが参入できない価格で勝負することができ、完全にブルーオーシャン化することも可能なのです。

■仕入原価を安くするには、○○から仕入れろ!


 本書では、流通の仕組みを図表で説明した上で、どのポイントを抑えるべきかを教えてくれます。では、仕入原価を安く済ませるにはどうすればいいのでしょうか?

 答えは、「より上流から仕入れる」ことです。

 「上流」とはいわばメーカーなどのこと。一番コストが抑えられるのはメーカーと直取引をすることです。また、卸売り店から仕入れても、小売店よりは仕入値を抑えられるはずです。