NEW

花粉症の症状を軽くすませるために、冬の間から抵抗力を

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_hanamizu.jpg
しつこい鼻水を何とかしたい!

 よく春先に流行するのが、のどの痛みを伴う風邪。寒けはあってもすぐにおさまり、徐々にのどが腫れて痛みがひどくなってきます。このような「熱」タイプの風邪は、こじらせると症状がひどくなりやすいので、早い段階で治すことが大切です。

 こうした「寒けを伴う風邪」を放っておくと、だんだんのどか腫れて痛くなり、鼻水や痰も黄色く粘るようになることがあります。寒けはあっでもひどくはなく、むしろ、体がほてったり、のどか渇いたりといった熱症状が出てきます。これは、ウイルスと体の抵抗力が戦う過程で、病的な「熱」が発生したために起こる症状です。