NEW

日本が世界有数の医療機器供給国に?カギは次世代内視鏡の映像技術

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_8K0129.jpg
求められる手術中の鮮明な画像shutterstock.com

 高齢化が進んでいるのは何も日本だけではない。先進各国ではほぼ同様の道をたどり、一方の新興国では人口が増加し続ける。いずれにしても医療の需要はますます拡大し、今や医療機器の世界市場は約8%の成長率を維持している。ちなみにその市場規模は約20兆円(2007年)から約45兆円(2017年)へと伸びると予測されている。このうち国内の医療機器市場は約2兆円。全世界の10%の医療機器を日本が消費していることになる。ちなみにアメリカが世界の医療機器の40%を消費している。

 医療機器は大きく治療機器と診断機器の二つに分けられるが、日本での輸出入状況を見ると、治療機器は輸入に大きく依存している。逆に日本が比較的、国際競争力を持ち国際市場に食い込んでいるものとして、X線CT装置や超音波診断装置、MRIといった「画像診断システム」の分野がある。この分野では世界市場の約15%を占めるとされる。特に、X線CT装置や超音波診断装置は、輸出高が輸入高を上回っている。

 もうひとつ、日本のほぼ1人勝ちといわれてきたのが内視鏡だ。