NEW

マック、異物混入頻発でも満席の謎…なぜ“あえて”食べる?客に突撃取材してみた

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内のマクドナルド店舗(「Wikipedia」より/Sven Manguard)
 今年に入り、商品に異物が混入していたとの指摘が相次いでいる日本マクドナルド。チキンマックナゲットのビニール片らしきものに始まり、ホットケーキにアクセサリーの金具、さらにはマックフライポテトに人の歯らしきものが入っていたなど、にわかには信じがたい内容も見られる。そのエリアも青森、京都、大阪と全国的だ。

 そのすべてが店側の過失によるものなのか、中には判然としないケースもあるが、外食産業に欠かせない「安全性」「清潔感」が冒されたとあって、インターネット上では「もうしばらく行かない」「マックで食べたくない」という否定的な反応が相次いでいる。さらに、「客離れが尋常ではない」と、誰もいない店内の写真がアップされるなど「ガラガラのマック」が強調されている。

 しかし、ここ数日見かけた都内の数店舗では、以前と変わらずお客さんが入っている様子だ。ただ、そのお客さんたちも少なからず「マックで異物混入」のニュースは目にしているはずである。そこで、「あえて今日マックに来た理由」を聞いてみることにした。

 最初に立ち寄った渋谷区の店舗では、平日の15時というのに各フロアとも3分の2ほど埋まっている。話に応じてくれた20代の女性は「週1回も来ない」というが、この日はしっかりてりやきチキンフィレオを完食している。昨今のニュースについては「私、気にしないほうなんです」「親も、文句を言いながら食べていました」と笑っていた。

 ちなみに、気がつくと店内はほぼ満席になっていた。場所柄、外国人のお客さんも多いが、見たところ老若男女まんべんなく座っており、異物混入などどこ吹く風という感じだ。

 新宿に場所を移すと、チキンクリスプを食べていた10代の男性、チーズバーガーとカーリーポテトフライを平らげた20代女性ともに「あまり気にしません」との答えだ。「食べる時に、いつもより注意深くなったりもしませんでしたか?」という質問もしてみたが、やはり「特に変わりません」と気に留めなかったようだ。

 続いて話を聞いた20代男性に至っては、こちらの問いかけで「そういえば、そんな事件がありましたね」と異物混入騒動を思い出したようで、ニュースを見ても「自分の身近な問題とは感じていなかった」から、その日はハンバーガーを食べたそうだ。友達などまわりの反応も聞いてみたところ、「特に気にしていない」とのことだが、「自分より年上の世代の人たちは『食が安全じゃないね』と言っていましたから、気にしているようです」と答えてくれた。

●「気になるけど食べる」という人も


 実際、消費者はそこまで過剰に気にしていないものなのか。そもそも、気にしている人は店に足を運んでいないわけで、この結果は当たり前といえば当たり前だ。そんなことを考えていたら、次に声をかけた30代男性からは多少「気になりつつも、来てしまった」という感がうかがえた。

「ナゲットが好きだけど、今はさすがに……」と、この日は敬遠したようで、目の前にはハンバーガーの包み紙が丸められていた。そのハンバーガーについても「ちょっと見てしまいました」と語り、食べる際に軽くチェックしたようだ。それほど気になりながらも利用したのは「やはり安いし、長居できるから」というのが理由だ。話の最後には「飲み物なら大丈夫だと思います」とコーヒーを飲み干した。