NEW

芸能エキストラ、軽作業、警備員…怪しい求人は損しかしない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

atasiikyuujin_01_150202.jpg
『あやしい求人広告、応募したらこうなった。』(文庫ぎんが堂)

 先の見えない不況で、アルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用労働者の数は増え続けている。厚生労働省の2013年の調査によれば、役員を除く雇用者全体の36.7%が非正規雇用労働者であるとの報告がなされており、いまや労働者の約4割が“非正規”という時代に突入。しかも、そんな彼らをターゲットにした求人広告には、限りなく怪しいものがいくつもある。

『あやしい求人広告、応募したらこうなった。人気バイトの裏側「実体験」ルポ』(多田文明/文庫ぎんが堂)は、ライターという不安定な仕事の傍ら、週に数回入れるアルバイトを求めた著者が、実際にこうした求人広告に応募して、働いてみたところの実情が記されている。本書によれば、こうした求人の多くが、割に合わなかったり、広告の内容と実情が違っていたり、果ては求人という体で詐欺的商法のカモを探しているだけだったりするのである。

 まずは情報誌に多く掲載されている求人の代表格「軽作業」。軽作業にも荷物の仕分けからイベントの機材搬入までピンキリだが、著者はそのなかでも求人数が多く、広告も目立ち、時給も1000円以上の「荷物仕分けの軽作業」に応募した。ところが、面接会場で熟年男性社員はこんなことを言い出したのだという。

「この作業をするにあたって、作業靴や手袋、ヘルメットはご自分で用意してもらう事になります。お持ちでない方には、購入してもらいます」