NEW

CM放送料が世界一高いスーパーボウル コカ・コーラ、マック、ペプシ…珠玉の10作品

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカの現地時間2月1日、アメリカンフットボールリーグ(NFL)の優勝決定戦であるスーパーボウルが開催されました。今年は、アメリカ国内のテレビ視聴率は49.7%を記録したそうです。毎年試合内容と同様に注目されるのが、放送の合間に流れるコマーシャル(CM)です。各社の力の入ったCMの中から、日本人でも楽しめそうな10作品をご紹介します。

●Official Coca-Cola "Big Game" Commercial 2015 #MakeItHappy(無料動画共有サイト「YouTube」より、以下同)


 インターネット上での悪口で傷つく人々。管理人がサーバールームでコカ・コーラをこぼしたことで始まる奇跡。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などの炎上騒ぎは世界共通なので、話題の取り上げ方が現代的といえるCMです。

●McDonald's: Super Bowl XLIX Pay With Lovin'


 マクドナルドの店頭で、いつものように注文する人たち。店員は「お支払いは、あなたの母親に『愛している』と伝えることでお願いします」と客に告げます。身近な人に愛情を伝えることで店頭での支払いが無料になるという、マクドナルドの粋なキャンペーンです。

●Official 2015 Dodge Super Bowl Commercial | Wisdom | #DodgeWisdom


 自動車メーカー、ダッジの創業100周年を記念したコマーシャル。100歳前後のお年寄りたちにインタビューを行います。「今を生きることよ」「人生は素敵なもの」「奇跡はいつもあなたのすぐそばにある」など、人生の教訓が続きますが、後半には熱いメッセージに一変します。「人生に文句を言うな」「ペダルを踏み込め」……100年を経てなお力強い老人たちのメッセージを通して、ダッジの「歴史を重ねても、ぬるくない」ブランドイメージを伝えています。

●The OFFICIAL Victoria’s Secret Commercial from Superbowl XLIX


 ファッションブランド、ヴィクトリアズ・シークレットのシンプルなメッセージCM。「シンガポールからストックホルム(スウェーデン)まで、このバッグの中に魔法が入っていることをみんな知っている」

●Sprint's Super Apology


 ソフトバンクが買収したことで日本でも有名になった携帯電話事業者、スプリント。スーパーボウルに合わせて、通話料を半額にするキャンペーン動画を放送しました。これは競合の通信会社であるベライゾンとAT&Tに向けた「スーパー謝罪」と題する動画で、「子羊のようなおたくらから顧客を狩るよ。どっちかというと、あんたらはロバ(のろま)だけどな」というかなり挑発的な内容の広告となっています。