NEW

認知行動療法でメタボを改善する 注目のメンタルダイエット

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_mentaldiet01.jpg
運動と食事の習慣づけのために PIXTA(ピクスタ

個人の心理や性格に目を向け、やる気を高めながら、頑張らないで一生太らない体質をめざすダイエット法が「メンタルダイエット」だ。「メンタルダイエット」は、確実にできる目標を立てて減量する「認知行動療法」を取り入れている。リバウンドを減らし、およそ7~8割が減量に成功しているという。「メンタルダイエット」の進め方について、関西医科大学健康科学科教授で、同附属病院健康科学センターの木村穰センター長を取材した。

「誰かに強制されるのではなく、自分に合ったダイエットを自分で選び、確実にできる目標を立てて、ステップ・バイ・ステップでトライする認知行動療法をベースにしたダイエット法がメンタルダイエットです。心の問題にメスを入れながら、やる気を高め、頑張らないでダイエットを続けられるので、強制ダイエットと比べて約2倍(平均6kg)の減量効果があり、リバウンドが少ない。自分が主体になって減量という行動を起こせるために、体重が減るという成果が表れると、「やればできる!」とモチベーションが確実に強まるのです」と木村教授は奨める。

リバウンドが少ない「メンタルダイエット」の進め方

 だれでも自主的に決めたことや、自分に合ったことに対しては前向きに取り組める。「メンタルダイエット」は、どのように進めればいいのだろうか?