NEW

関根青磁×生田真心が語り合う、録音と編曲のコツ「少しのさじ加減で人を説得できる感覚も重要」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150210-ikuta.jpg

関根青磁(左)と生田真心(右)。

【リアルサウンドより】

 音楽を創る全ての人を応援したいという思いから生まれた、音楽作家・クリエイターのための音楽総合プラットフォーム『Music Factory Tokyo』が、2月9日と10日にスペシャルインタビュー2本を公開した。

 同サイトは、ニュースやインタビュー、コラムなどを配信し、知識や技術を広げる一助をするほか、クリエイター同士の交流の場を提供したり、セミナーやイベント、ライブの開催など様々なプロジェクトを提案して、未来のクリエイターたちをバックアップする目的で作られたもの。コンテンツの編集には、リアルサウンド編集部のある株式会社blueprintが携わっている。リアルサウンドでは、今回公開されたスペシャルインタビュー2本の前編を掲載。同記事では、カニエ・ウェスト「Stronger」のレコーディングセッションに参加し、同楽曲でグラミー賞2008『ベスト・ラップ・アルバム賞』『ベスト・ラップ・ソロ・パフォーマンス賞』を受賞した関根青磁(以下、関根)と、AKB48の「フライングゲット」やAAAの「恋音と雨空」、Sexy Zoneの「男 never give up」などで編曲を務める、現代のJ-POPに欠かせない編曲家・生田真心(以下、生田)による対談を紹介したい。

続きはこちら