NEW
小黒一正准教授の「半歩先を読む経済教室」

北海道は東京・港区より出生率低?東京一極集中是正で出生率&一人当たりGDP上昇の嘘

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済のグローバル化が進む中で、東京は上海・ニューヨーク・ロンドン・香港といった世界都市と競争していく必要があるが、これから首都圏も人口が減少していくことが確実であり、「東京vs.地方」という対立軸の資源の奪い合いは、日本の成長セクターである東京の力を削ぐだけだ。

 そうではなく、保育所の待機児童解消といった異次元の少子化対策をオールジャパンで進めつつ、拠点都市の人口集積を進め、効率を高め、東京は国際都市としてさらに発展させるというシナリオを明確に打ち出すことが今求められているのである。
(文=小黒一正/法政大学経済学部准教授)