NEW

寝る前のメールチェックが危険なこれだけの理由!

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

shutterstock_214792780-2.jpg
寝る前にPCやスマホの明るい画面を見続けると体内時計が狂う!?shutterstock.com

 夜も明るい環境や、夜遅くまでPCやスマホなどのLEDディスプレイの光を浴び続ける生活は、人類が誕生して以来初めてのこと。この環境が「体内時計」を乱れさせ、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼすことが、さまざまな研究によって指摘されている。寝つきが悪い、眠りが浅いといった「睡眠の質の低下」も、その一つだ。

 最近、『BMJ Open』(2015年2月)に「日中の長時間におよぶ電子機器の使用は、10代の若者の睡眠に有害である」という研究論文が掲載された。

 研究では、16〜19歳のノルウェー人約1万人に、学校以外での電子機器の使用時間と睡眠の量・質について質問。その結果、日中および就寝前に電子機器を使用していると、眠るまでの時間(入眠時間)が60分以上長くなるリスクが高くなっていた。特に、就寝前のPC、スマートフォン、MP3プレーヤーの使用は入眠時間の延長に強く関連していたという。

 また、日中に4時間以上、電子機器を使用すると、入眠時間が60分以上長くなるリスクが49%上昇。