NEW

小林太郎が探る、新たなサウンドと表現方法 「挑戦したかったし、振り切ってみたかった」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1502118_kt_a.jpg

【リアルサウンドより】

 90年代オルタナ/グランジや、ワイルドで馬力のあるハードロックを蘇らせるようなギターを奏で、パワフルに骨太な歌声を響かせる小林太郎。煮え滾った熱いヴォーカルや、観る者を惹きつけるエネルギッシュさと、ヒリヒリと空気を震わせるライヴ・パフォーマンスで、ROCK IN JAPAN FESやSUMMER SONICなどのフェスのステージも沸かせるその姿は貫禄たっぷりだが、じつは平成生まれの24歳という若さ。そしてよくしゃべり、屈託なく笑い、周囲を楽しませる人でもある。1年ぶりのEP『DOWNBEAT』は、そういった彼の柔軟さやエンターテイナーとしての一面がより表に出た作品だ。四つ打ちやループ感のあるダンス・ビートをバンド・サウンドで貪欲に昇華し、キャッチーなギター・リフとともに体を揺さぶって、快楽を加速していく。重厚なロック・サウンドの醍醐味とジェットコースターのようなスリリングなスピードでもって、一気に熱狂の渦へとダイヴさせる会心の作。新たなモードへと大胆に舵を切ったその心意気を訊いた。

・「歌とギターは一緒にやってるけど、俺のなかでは別のもの」

――1年ぶりとなる3rdEP『DOWNBEAT』が完成しました。今回はこれまでと雰囲気が変わって、ダンス・ビートが軸となった作品になっていますね。

小林太郎(以下、小林):これまではロックな要素が多くて、曲でもライヴでも熱いエネルギーが宿っている作品が多かったんですけど。それはそのままに、クラブ・ミュージックの要素を入れたいなと思って。ライヴで自然に踊れるような、知らない人でも楽しめるものがほしかったんです。だから、クラブ・ミュージックの要素をできるだけ曲に取り入れていって。

続きはこちら