NEW

元ジャニーズ社員が激白! 女帝メリーの本性、派閥抗争の真相、飯島マネ次期社長は「ない」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・港区のジャニーズ事務所
 先月、ジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川氏が、同事務所の派閥・後継者問題について語ったことが世間を賑わせたが、一連の報道によりメリー氏には「ジャニーズの女帝」「恐ろしい女傑」というイメージが定着してしまった格好となった。

 しかし、同事務所でマネジャーとして働いていたことがあり、現在は有名企業で役員秘書を務めている藤氏(仮名)は、「今の私があるのは、ジャニーズ事務所で培った経験のおかげです。特にメリーさんの教えから学んだことは大きい」とメリー氏を擁護する。

 ジャニーズ事務所は、社長のジャニー喜多川氏が所属タレントたちの“お母さん的”なポジションだといわれているが、メリー氏は“お父さん的”存在に加えて、“頼れるおばあちゃん”的な面も持ち合わせているという。

「タレントたちはメリーさんのことを、『マミー!』と親しみを込めて呼んで、とても慕っています。とにかく懐が深く面倒見がいい。『全員がうちの子よ!』と、どのタレントもえこひいきすることなく、『美味しいもの食べに行きましょう!』と幅広く声をかけて食事やカラオケに誘います。メリーさん本人も否定していましたが、内部から見ても『事務所内派閥』といわれているような明確なものはありません」(加藤氏)

 齢88歳の今でも、メリー氏はタレントたちを従えて夜の街を闊歩しているという。

「一連の報道では、メリーさんがSMAPのチーフマネージャーである飯島三智さんを叱りつける場面がクローズアップされていましたが、現場ではしょっちゅう。例えば、イケイケ体質の飯島氏が、SMAPの出演番組をダブルブッキングしてしまったことがあった。激怒しているテレビ局に出向いて、頭を下げるのはメリーさんの役目でした。だから飯島さんを一方的に叱っているわけでなく、愛情が根底にあるし、教育のためなんです」(同)

 数々のスタッフやタレントの尻拭いは、メリー氏が買って出ているというのだ。さらに加藤氏は続ける。

「あるコンサート会場での出来事ですが、ダフ屋と自称する、見た目は暴力団員っぽい男が、スタッフに因縁を付けにやってきたんです。たまたま楽屋にいたメリーさんが連絡を受け、『あんた、どこの組なの?』と仲裁に入り、追い返して事なきを得ました」

●メリーの愛情深い気配り


 そして加藤氏が特に印象に残っているのは、所属タレントやスタッフに対する彼女の気配りだったという。

「私が担当しているタレントが、気難しいことで知られる大物女優とドラマで共演することになったんです。メリーさんに呼び出されて部屋に行くと、テーブルの上にエルメスの大きな袋がデンっと置かれていた。メリーさんは、『あなたと○○(ジャニーズ・タレント)がいじめられないために、これを女優さんに渡しなさい』って言うじゃないですか。明らかに何百万円もする高級バッグ。『僕たちを守るために、そこまでするのか』って感激しました」(同)