NEW

WHITE ASH、新アルバムでR&Bやヒップホップに大胆接近 『THE DARK BLACK GROOVE』試聴会レポ

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140219-whiteash-05.jpg

【リアルサウンドより】

 WHITE ASHが3月4日にリリースするフルアルバム『THE DARK BLACK GROOVE』の先行試聴会が、2月14日に東京都・千代田区の音楽スタジオ・サウンドインにて行われた。

『THE DARK BLACK GROOVE』は、タイトルからも伝わるように、R&Bやヒップホップのリズムを大胆に取り入れた作品。UKブルースロックの系譜を受け継ぎ、硬質なギターリフを軸とした独自のサウンドを構築してきたWHITE ASHにとって、これまで以上に濃密なアンサンブルを追求した意欲作だ。司会のラジオパーソナリティー・藤田琢己が「今まで以上にリズム、コーラスワークにこだわった作品となっています」と紹介し、ボーカルののび太が「全編通して自然と体が動いてしまうような作品となっています。周りの目を一切気にせずに、音に身をまかせてもらうのがこのアルバムを一番楽しむ方法なんじゃないかな」と語ったところで、アルバムの全編試聴がスタート。

続きはこちら