NEW

菜々緒の悪評 会見での暴露に事務所が異例の報道自粛要請 サイボーグ、売名行為…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『菜々緒スタイルブック』(幻冬舎)より
 2011年7月にT.M.Revolution西川貴教との熱愛を写真誌にキャッチされたのをきっかけに、バラエティ番組などにも進出して一気に知名度を上げたモデルの菜々緒。昨年放送された連続テレビドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)、今クール(1~3月期)は『ゴーストライター』(同)、『まっしろ』(TBS系)と局をまたいで出演と連ドラにもひっぱりだこ。そんな目覚ましい活躍の裏で、意外にも業界内では悪い評判ばかりが聞こえてくる。民放テレビ局関係者は語る。

「先日、来年公開予定の映画のキャスティングにもチラリと名前は挙がりましたが、プロデューサーの『菜々緒は顔の表情が冷たくてサイボーグだからな』という一言であっさりなくなりました。また、西川に続いてタレントのJOYとの熱愛・破局報道など売名行為と批判されるスキャンダルも多く、イメージは良くないですよね。何よりもバラエティ番組での本人の発言も今どきというか、女優ならではの洗練された印象はないです。『ファーストクラス』の意地悪な女役のような色物系の脇役ならいいですけど、今ではもうヒロインには起用しにくいのでは」

 こうした業界における菜々緒に対する評価を裏付ける出来事が、つい先日あったという。スポーツ紙記者が語る。

「今月14日に横浜アリーナで開催された『東京ランウェイ』に出演した菜々緒は、集まったマスコミを相手に囲み取材を受け、最近悩まされているじんましんについて『(原因は)ストレスですね』と悪びれることなく答えていました。ストレスの原因についても聞かれると『一昨日くらいにマネジャーが逃亡しちゃって。忙しさについて来られなかったみたい』とこれもまた悪びれる様子もなく冗舌に語っていました。取材後、所属事務所関係者がその場でマスコミ陣に向けて『マネジャーの話のところは使わないでくださいね』と強い口調で要請していました。会見での発言をなかったことにしようとするなど本来はタブーです。事務所的にNGな話であるなら、会見中にしゃべっている本人を制止するか、日頃から話していいことと悪いことを教育しておくべきです」


 また長年、女性タレントを専門に育成してきたベテランマネジャーも、次のように厳しい見方を示す。

「菜々緒が所属する事務所といえば、若槻千夏や東原亜希、岩佐真悠子、木下優樹菜らが所属するグラビア系の事務所。最近では菜々緒以外にトリンドル玲奈もがんばっているようですが、女優を育てた経験は少ない。菜々緒だってスキャンダルを糧にのし上がってきたわけで、演技のレッスンもろくに受けていないのに、そんなポッと出は長続きしませんよ」

 さらにこのマネジャー同様、人気女優を多く輩出している大手モデル系プロダクション関係者は、事務所の姿勢に疑問を投げかける。