NEW

オトナ世代の生活習慣を変える! "股関節"パワーアップ法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

A2.jpg
ストレッチで下半身の筋肉を鍛える

健康維持や、メタボ体型の改善に運動をする大人世代は多い。だが、熱心に運動している人でも、つい怠りがちなのが、股関節を動かすストレッチだ。上半身と下半身をつなぐ要になるのが股関節。股関節周りの柔軟性を維持すれば、腰痛や、メタボ、生活習慣病、動脈硬化、心筋梗塞、股関節や膝関節の痛みなどの予防・改善に役立つ。

 股関節は、骨盤と2本の大腿骨を結ぶ大きな球状の関節。腸腰筋(背骨・骨盤・足の付け根を結ぶ筋肉)や大殿筋(お尻の筋肉)など多数の筋肉や紐帯によって支えられ、全身運動や筋肉バランスを絶妙にコントロールしている。

 人間が二本足で立ち、歩き、走り、座り、体を自由に動かせるのは、股関節のおかげ。しかも、下半身に栄養を送る動脈や老廃物を回収する静脈、リンパ管が周囲に密集する。文字通り、全身運動の中枢だ。

 「パーソナルトレーニング どこでもフィット」を主宰し、年間延べ4000人の個人指導を行うパーソナルトレーナーの小林素明さんは、次のように解説する。

 「40歳を過ぎると、運動不足や加齢によって、筋肉の血流の滞りが起き、股関節周りの筋肉が硬くなる。正しいストレッチを習慣化すれば、下半身の筋肉が鍛えられて血流がよくなり、体がスッキリ身軽になります」