NEW

がん治療は"治ればいい"から"高いQOL"を維持して社会復帰する時代に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

aida4.jpg

セカンドオピニオンで別の選択も

 「市民のためのがん治療の会」代表である會田昭一郎さんは、自身が患った舌がんの治療体験を基にして、2004年に同会を設立した。「がん治療における消費生活センター」をイメージした同会は、患者にとって最適な治療の選択をサポートするため、セカンドオピニオンの斡旋や、がん治療に関する普及啓発活動、医療環境整備の政策提言などを行っている。

この治療が本当に最適とは限らない

 今やがんは、「治ればいい」から「高いQOLを維持しながら社会復帰する」時代となった。がん患者にとって、最適な治療とは何なのか。

 「今ではがんになっても、約半数の人が社会復帰できる時代になりました。その反面、長期生存者の中には、治療後のQOLの低下に悩む人もたくさんいます。がん治療は、最初に選択した治療がその後の結果に大きく影響します。どのような治療法が最良なのかを選択することは、極めて重要なのです」

「たとえば舌がんの場合、切除手術をすれば、治療後の会話や経口摂取に支障を来たすことがあります。 また前立腺がんの手術をすると、性機能や排尿障害が生じることが少なくありません。日本ではどちらのがんも、多くが外科手術による治療が行われています。しかし、全てのケースにおいて、この治療が本当に最適とは限りません。私自身が、放射線による小線源治療を探し当てて、舌を切除せずに3週間後には職場に復帰という、高いQOLを維持できて痛感したことです」