NEW

坂東三津五郎さんの命を奪った"がんの王様" 安倍総理の父やジョブズも......

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

suizou.jpg

体の深部に位置する重要臓器の膵臓

 2月21日、坂東三津五郎さんが膵臓がんのため亡くなった。享年59歳、還暦を前にした早すぎる死だった。

 坂東さんは、2013年7月に膵臓の異常が見つかり、9月に膵臓がんの摘出手術を受けた。翌年4月に一度は舞台復帰を果たしたが、9月の定期検査で肺の異常が発覚し、10月には肺にがんが転移。2015年1月末にインフルエンザに感染し、肺炎を併発して緊急入院した直後のことだった。

 9代目坂東三津五郎の長男で、1962年に5代目坂東八十助を名乗り初舞台。日本舞踊坂東流の家元で踊りの名手としても知られた。歌舞伎界だけでなく、テレビCMにも出演し、現代劇やテレビ、映画でも活躍。2014年には、人気ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』にも病気療養後初めてレギュラー出演していた。

 膵臓がんによって、2009年に小説家・評論家の栗本薫さん(享年56歳)、1991年には安倍晋三総理の父、元衆議院議員の安倍晋太郎さん(享年67歳)が亡くなっている。アップルの創業者、スティーブ・ジョブズさんが膵臓がんの発見・処置が遅れ、2011年に56歳で帰らぬ人となったのは記憶に新しい。

 各種類のがんで診断法が進歩し、早期発見・早期治療によって、がんに罹っても元気に日常生活を送っている人が増えている。しかし、膵臓がんは、いまだに有効な早期発見法がなく、診断されたときには多くの人がすでに進行しているため治療成績が悪く、「がんの王様」といわれているほどだ。