NEW

プロ野球選手の悲惨な引退後 仕事は少なく、だまされる人続出、自ら犯罪に走るケースも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 3月27日の開幕に向けて、プロ野球のオープン戦が始まった。初戦が行われた21日には、横浜DeNAベイスターズのルーキー・倉本寿彦選手が阪神タイガースの藤浪晋太郎投手から2点タイムリーヒットを放ち、開幕スターティングメンバーへ猛アピールした。広島東洋カープのドラフト1位ルーキー・野間峻祥選手も、読売ジャイアンツ(以下、巨人)の小山雄輝投手からホームランを放ち、激戦の外野レギュラー争いに名乗りを上げている。

 これからの活躍が期待される新人がいる一方、思うような成績を残せずにプロの世界を去る選手もいる。そして、最近はプロ野球選手のセカンドキャリアに注目が集まっている。スポーツライターが引退後の生活についてこう語る。

「以前であれば、ある程度活躍した選手は、テレビ局の解説者やスポーツ紙の評論家になることができました。それなりの実績を残していれば、野球に関わる仕事に就けたのです。また、飲食店を始めれば、その名前だけで一定の集客ができる見込みもありました。しかし、今は地上波の巨人戦中継がほぼ消滅しており、既存の解説者でさえ思うように稼げなくなっています。わかりやすくいえば、打者なら2000本安打、投手なら200勝という超一流の実績を残して、ようやくその後のキャリアもなんとかなるという感じなのです」

 このような状況下で引退後に最も苦労するのは、それなりに活躍した一流選手だという。球界関係者はこう語る。

「長年レギュラーを務めて1000本安打を達成した打者、数年間ローテーションに入って70勝くらい挙げた投手というのは、意外にセカンドキャリアで苦労しています。野球で大成できず、20代前半で引退した選手の場合はそこまでプライドもなく、素早く切り替えられます。しかし、なまじ実績を残していると、周囲もどう扱えばいいかわかりません。本人も野球界で活躍した自負があるので、他の業界で一から始めるという考えがないのです。例えば、現在自由契約となっている中村紀洋氏(前DeNA)は2000本安打を達成していますが、これまでの所属チームで首脳陣と対立するなど、トラブルメーカーの印象が強くあります。そうなると、引退後の働き口にも困る可能性が出てきます。タレント性はあると思いますが、芸能界も懐が狭くなってきているので難しいといわざるを得ません。また、現役時代に活躍して知名度があると、すり寄ってくる人も多いため、引退後に不安になってつい話を聞いてしまい、だまされたという経験のある元選手は少なくありません」

最悪の場合、犯罪者になるケースも


 中には、自ら詐欺などの犯罪に手を染めてしまう元選手もいるという。

「ある程度活躍していれば、現役時代は高給をもらい、後輩におごるなど金遣いも荒いものです。特に1970~90年代に現役生活を送った選手は、『豪快に遊んでなんぼ』という意識が強いのですが、当然ながら、引退すると大金は入ってきません。セカンドキャリアにもよりますが、地道に働いてやっと人並みの給料がもらえるわけで、現役時代の派手な生活を改めないと、すぐに行き詰まります。しかし、金遣いの荒さが直らず、もっとお金が欲しいと思った時、誘惑に負けて詐欺行為などを働いてしまうのでしょう。現役中にセカンドキャリアを考えておくのも大事かもしれませんが、それ以上に人としてのあり方を学んでおけば、少なくとも犯罪に走ることはないと思います」(同)

 サラリーマンが一生かかっても拝めないような高い年俸を稼ぎ出し、公私共に華やかな日々を送っているように見えるプロ野球選手だが、第二の人生は意外に厳しいものなのかもしれない。
(文=編集部)