NEW

花粉症のつらい季節の救世主"ステロイド" その怖いウワサの真否

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

steroid.jpg
自分勝手な判断での服用に注意

 いよいよ本格的な花粉症の季節が到来する。耳鼻咽喉科やアレルギー科を受診すると処方される抗ヒスタミン薬。この薬の中には、ステロイド剤が含まれているものがある。
 
 いわゆる「ステロイド」は、ステロイドホルモンを配合した薬品だ。花粉症や気管支喘息、アトピー性皮膚炎など、さまざまな炎症疾患の治療に使われる。スポーツ界では、筋肉増強剤としても有名だ。

 ステロイド剤は劇的な薬効をもたらす一方、患者からは使用に対する拒否反応が起こる、奇妙なイメージがある。その是非を巡る「ステロイド論争」ともいえる歴史のせいかもしれない。
 
 医師の中には、ステロイド剤の使用を拒否もしくは否定などの抵抗に遭うケースは少なくないという。