NEW

SNSに「自撮り」を大量投稿する男性はヤバイ?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

jitorisyasin.jpg
世界的に大流行の「自撮り」 BerryHappy/PIXTA(ピクスタ)

 インターネットは、人のさまざまな側面を写す"鏡"かもしれない。たとえば、ほんの数年前まで、普通の人が日常的なポートレートを世界中に発信し続けるなんて想像できただろうか。

 近年特にSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)やスマートフォンの普及とともに、世界的にセルフィー(自撮り)が大流行している。韓国発の「セルカ棒」と呼ばれる、自撮りのための便利ツールまで登場するほどだ。

 そんな中、つい先日、アメリカでセルフィーをテーマにした研究論文が発表されて話題を呼んでいる。

800人の自撮り行動と心理テストを分析

 この研究は、オハイオ州立大学の心理学者ジェシー・フォックス准教授を中心に行われた。18~40歳の男性800人を対象に、SNS上での露出度を調査すると同時に、反社会的行動や自己客観化の程度を測定する心理テストを実施して、性格的特徴を分析。FacebookやTwitterへのセルフィーの投稿頻度のほか、写真をフォトショップなどで修正することについても調査を行った。

 その結果、SNSにセルフィーを多く投稿する男性は、ナルシシズムとサイコパス(精神病質)を示すスコアが平均よりも高かったという。