NEW

川崎中1殺害事件も? 凶悪不良少年グループを生み出したものとは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

kawasaki_150301.jpg
川崎市の中1殺害事件について伝える日本国内のニュース(画像はYouTube「ANNnewsCH」より)


 神奈川県川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太君が殺害された事件が社会を震撼させている。わずか12歳の少年が不良グループに入れられたうえに、そこから抜けられず、事件当日も深夜にLINEで呼び出された末に、全裸の惨殺死体となって発見されたのだ。

 2月27日には18歳と17歳の少年3人が殺人容疑などで逮捕され、さっそく主犯と目されている少年の素顔がさかんに報道されている。

「父親はトラックの運転手で、母親とは再婚。父親の連れ子の姉との4人暮らし」「定時制高校に通ったがほとんど通学していない」「キレると何をするか分からない」「地元でも恐れられている有名なワル」

 自分より年下の少年たちを引き連れ、暴力で支配する極悪非道な不良のリーダー。多くの報道からはそんな少年像が浮かび上がる。おそらくこれから先、彼らの凶暴性、危険性がどんどん報道されるだろう。

 だが、彼らをたんなる極悪非道と非難し、凶悪な少年が起こした特異な犯罪として裁くだけでいいのだろうか。それだけで少年犯罪の真相究明や防止に役立つのか。