NEW

英紙「エコノミスト」の表紙から安倍首相が消えた? 何を暗示しているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

TheEconomist.jpg
2015 世界はこうなる』(日経BP社)より

『エコノミスト』という、国際政治と経済を中心に扱う英国の週刊新聞がある。この新聞社は年末になると、来たる年の世界情勢について論じた本『世界はこうなる』シリーズを30年近く出版し続けているが、そこで語られる内容は世界中のリーダーたちも重視しており、翌年の舵取りに役立ててきたとされる。そのため、各国の記者や編集者の間では、今後を予測する上で“極めて重要な”1冊と認識されているのだ。

 さて、昨年末にも『2015 世界はこうなる』(日経BP社)が出版されたが、今回は特に、その表紙が「2015年に世界で起きることを予言しているのではないか」として、様々な憶測を呼んでいることをご存知だろうか? では、問題の表紙を詳しく考察してみることにしよう。

続きは【トカナ】で読む