NEW

大森靖子&THEピンクトカレフ解散によせて ラスト・アルバムに混在する「青臭さ」と「成熟」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150120-oomori.jpg

【リアルサウンドより】

 アーティストにとって重大な発表を、自身の公式サイトや公式Twitterアカウントよりも、音楽ニュースサイトで優先的に行うアーティストが増えた印象がある。どいつもこいつもバズらせるのに必死だ。と、こんなことを音楽ニュースサイトで書くのも場違いなのだが。

 とにかくそんな状況にぼんやりと違和感を抱いていたからこそ、2015年2月6日の夕方、惰性で眺めていたタイムラインで、大森靖子のTwitterアカウントに並んでいた文字列には衝撃を受けた。「大森靖子&THEピンクトカレフ解散のおしらせ」。そう書かれていた。URLをクリックすると、リンク先は大森靖子のライブドアブログ「あまい」だ。

 こうして大森靖子&THEピンクトカレフの解散は、彼女自身のメディアによって突然発表された。私にとっては、その1週間ほど前にファースト・アルバム『トカレフ』のCD-Rが送られてきたばかり。「待望のロックアルバム」と銘打たれた紙資料を眺めながら「アコースティック・ギターを抱えて弾き語りをしている大森靖子のイメージとは違う打ち出し方をしているのだろうな」などと能天気なことを考えていたばかりだった。しかも、解散発表の3日前である2月3日には大森靖子&THEピンクトカレフの「hayatochiri」のヴィデオ・クリップが公開され、GLAYの「誘惑」のヴィデオ・クリップへのオマージュが話題になった矢先のことだった。

続きはこちら