NEW

NEWSとAcid Black Cherry、新アルバムセールスが大接戦 その背景を読み解く

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

参考:2015年2月23日~2015年3月1日のCDアルバム週間ランキング(2015年3月9日付)

 今週のアルバムチャート1位はNEWSの6thアルバム『WHITE』。今作でデビュー以来(ベストアルバム1枚を含む)7作連続初登場1位という記録を達成したわけですが、発売初日のデイリーチャートでは同日発売のAcid Black Cherryの『L -エル-』にリードを奪われるという、その内実は「薄氷の1位」とでも言うべきかなりヒヤヒヤなもの。結果的には114,972枚(NEWS)と113,774枚(Acid Black Cherry)、その差1,200枚という、近年稀に見る接戦を繰り広げました。

 さて、「近年稀に見る」とサラッと言いましたが、今回どうしてこんな「近年稀に見る」ことになったのかというと、本来は3週間前の2月4日にリリース予定だったAcid Black Cherryの『L−エル-』のリリースが急遽3週間の発売延期になったのです。チャートで1位を獲ることにどれだけこだわりがあるかというのは、アーティスト(とそのスタッフ)によって、あるいはその時に更新がかかっている記録などによっても様々だと思いますが、多くの人がお気づきのように、(現在のアルバムチャートならば1位も獲得可能な基準である)10万枚以上のセールスが見込めるような作品は、なるべくリリース週を分散させるという力学が働くのが現在の音楽業界の常態となっています。「レコード会社も事務所も違うのにどうしてそんな談合のようなことが可能なのか?」と真っ正面から問われると答えに窮してしまうのですが、よっぽどのサプライズヒット(『アナ雪』のアルバムとか)でも現れない限り、ほぼ確実に週変わりでアルバムチャートの1位が変わっていることからも、そこに何らかの配慮がなされているのは明らか。でもって、それは世界的に見ても日本のチャートだけの不思議な特徴でもあります。

続きはこちら