NEW

平熱36.2度以下で花粉症悪化?「温活」で体質改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kafun.jpg
症状が悪化している人は「温活」を

 今年もスギ花粉のシーズンが到来した。街には、「マスクが外せない」と真っ赤に充血した目を瞬かせ、鼻水グスグスで鼻下は赤くただれ、「今年はいつもより症状が重い」と嘆く人であふれている。

 そこで、対症療法ではなく、体質改善を目的として漢方での治療を試みる人も少なくない。春先は気候も温かくなり始めて油断しがちだが冷えは禁物だと、指摘するのは、漢方専門の管理薬剤師。

 「例年より症状が悪化しているという人は、"胃腸の冷え"を疑うべき。胃の水分を手っ取り早く出そうと、体が反応して起きるのが鼻水。体温が1度下がると免疫力は30%低下して、風邪などの感染症やアレルギー症状が出るといわれている」

 これを裏付けるのが、京都大学大学院の人間・環境学研究科、森谷敏夫教授の「温活」だ。"冷え"を予防し、体を温めることで本来生体が持っている免疫力を上げようというもの。花粉症などのアレルギー疾患も含めたさまざまな病気を防ぎ、その症状も改善されるという考え方だ。