NEW

Flower、乃木坂46、chay……アーティスト出身“専属モデル”はなぜ増えた?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 近年、アーティストがモデル活動を行うケースが増加している。

 例えば、乃木坂46の白石麻衣は2013年より『Ray』(主婦の友社)の専属モデルとして活躍しているが、これに続けと西野七瀬が『non・no』(集英社)の5月号より同誌の専属モデルに起用されることが決定。さらに同グループの齋藤飛鳥が『CUTiE』(宝島社)に、橋本奈々未と松村沙友理が『CanCam』(小学館)にそれぞれ専属モデルとして起用されることが発表された。

 他方、これまでの音楽業界を振り返ると、以前に掲載したように(参照:【木村カエラ、きゃりーから、タカハシマイまで……モデル出身ミュージシャンの系譜を追う】)したように、木村カエラやきゃりーぱみゅぱみゅ、mimmamや三戸なつめなど、モデルからアーティストデビューを果たすケースが多かった。それがここにきて、前述の乃木坂46だけでなく、E-girlsの中心メンバーによるグループ・Flowerの藤井萩花が『JJ』(光文社)、佐藤晴美が『Ray』、坂東希が『Seventeen』(集英社)でそれぞれ専属モデルを務めているほか、シンガーソングライターのchayは『CanCam』専属モデルとしても活躍している。ほかにも大川藍(アイドリング!!!)や前島亜美(SUPER☆GiRLS)など、アーティストとしてデビューしたのち、専属モデルとして起用されるケースが増えている。

 こうした動きの背景とは何だろうか。ライターの香月孝史氏は、音楽業界・モデル業界の動きをこう分析する。

「2012年に白石麻衣をレギュラーモデルとして起用した『LARME』が現れ、創刊号と2号目が共に即日完売するという快挙を成し遂げました。これにより、雑誌にとっては元来女性ファンの多かった白石が読者を連れてくる形になり、白石にとっても普段のアイドルの顔とは違った一面を、世界観を作り込んだ同誌特有のテイストの中で表現してみせることにより、これまでアイドルに触れてこなかった女性ファンを開拓しました。『LARME』がアイドルを積極的に起用していることからもうかがえるように、このあたりから、女性の読者層が、ファッション雑誌を通じて同性のアーティストやアイドルをファッションアイコンやあこがれの対象として見る機運が高まっているように思います。一方で雑誌モデルから音楽業界に進出する例としては、きゃりーぱみゅぱみゅの大ブレイクが同時期にあり、またCzecho No Republicのタカハシマイのようにモデルとしてのイメージを強く残したまま音楽活動をする例もありますね。両業界がタレントを相互供給していくことにポジティブになっていることが背景にあるでしょう」

続きはこちら