NEW

Berryz工房、ファンと過ごした最後の4日間ーー幸福のスパイラルを生んだ終演に寄せて

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 「最後の私たちの姿、しっかり目に焼き付けてください。」キャプテン・清水佐紀の言葉を受け、奏でられる生ピアノ。2日前に喉の不調を訴えていた菅谷梨沙子が囁くように歌いはじめる。ダブルアンコールの最後に届けられたのは「Love together!」。涙とともに流れ落ちるような歌声は、己の意志と主張をしっかりと持ちながらも、どこか繊細な彼女の本質を見ているようでもある。「梨沙子!」客席から発せられたコールは、消え入りそうな菅谷の歌に心震わされ、思わず出たものだった。そこから代わる代わる歌っていくメンバーを支えるように呼ぶファンの声と、それを受けて涙ながらもどこか嬉しそうなメンバー。そしてラストサビに向かっていく中、7人の歌に寄り添っていくかのような合唱に変わっていく。

・〈好きよ 好き 大好き また会えるよね〉

 最後の一節は、次に向かっていくステージ上の7人と、それを見送る1万人の本音でもある。

 2015年3月3日、デビュー11周年を迎えたこの日、日本武道館に集まった温かいファンに囲まれながら、Berryz工房は長い長い活動に区切りをつけ、有終の美を飾った。

 「自分の好きなアーティストが一番だ」とファンが言い、「自分のファンが最高だ」とアーティストが言う。これはアイドルに限らず、どのアーティスト界隈でも言われていることだが、そうした相思相愛の関係を口ではなく、きちんと体現しているのが、Berryz工房である。2014年8月2日に発表された「無期限活動停止」。それからの7ヶ月間はリリース、イベント、コンサートツアー……今まで当たり前だった出来事のひとつひとつが“最後”になっていった。だが、そんな残された時間の中に悲壮感がなかったのは、その関係を改めて実感していく歳月であったからだろう。そして迎えたBerryz工房最後の4日間は、それをさらに感じた日々だった。

続きはこちら