NEW

ディズニー公式「キャストの仕事ガイド」には書かれていないブラックな実態とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

disneycast_01_150214.jpg
『東京ディズニーリゾート キャストの仕事』(講談社)

「キャスト」と呼ばれる2万人以上のスタッフが運営を支える東京ディズニーリゾート。本サイトでも繰り返し指摘してきたが、そのうち9割がパートアルバイトなど非正規雇用のスタッフだ。

「東京ディズニーリゾートは青空を背景にした巨大なステージ。ここでは、見るものすべてがショーであり、おとずれるお客さまは『ゲスト』。ゲストを迎えてもてなすスタッフはショーを演じる『キャスト(役者)』と呼ばれるのです」「実際に働くキャストには、どのような職種があり、どんな仕事をしているのか、興味がわいてきませんか」というのは『東京ディズニーリゾート キャストの仕事』(講談社)。

 同書では「キャストの職種をすべて紹介!」「働くって、おもしろい!」をコピーにキャストの27の職種とその魅力を紹介している。

 そのなかでも「キャスト」らしい「キャスト」といえば、「File01」で紹介される「それぞれの役割を演じてゲストとの一体感を味わうアトラクションキャスト」だろうか。