NEW

倖田來未が新作で伝えるメッセージとは? ダイノジ大谷がシンガーとしての魅力を解説

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150317-kouda2.jpg

【リアルサウンドより】

 倖田來未が、3月18日に12枚目のオリジナルアルバム『WALK OF MY LIFE』をリリースする。同作で倖田は、より幅広いジャンルの楽曲や、これまでになかった音域や歌い方にも挑戦。これまでに発表されたダンスバラードの「Dance In The Rain」、ミッドダンスナンバーの「HOTEL」、ヒップホップを軸とした「MONEY IN MY BAG」、そしてデビューアルバム『affection』に収録されている「walk」の世界観を踏襲した楽曲「WALK OF MY LIFE」を含む、新録13曲を加えた計16曲のボリューミーなアルバムとなった。

 デビュー15周年の集大成であると同時に、挑戦作ともいえる『WALK OF MY LIFE』は、はたしてどんな仕上がりなのか。ポップミュージックへの造詣が深く、ニッポン放送『大谷ノブ彦キキマス!』などのDJも務めるお笑い芸人のダイノジ大谷ノブ彦氏に、本作をいち早く聴いた感想を語ってもらった。

続きはこちら