NEW

ティッシュの謎 ちょっとずつ小さくなっている?微妙に縦横の長さが違う秘密?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本製紙クレシア HP」より
この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は放送作家の鮫肌文殊氏が、ティッシュペーパーのサイズに関する疑問について迫ります。

【今回ご回答いただいた企業】
日本製紙クレシア様

 49歳にして花粉症になってしまった。

 数年前から「ヤバい、ヤバい」とは思っていたのである。春先になると目がショボショボ、鼻水ダラリ。

 あなたの職場にもいるでしょう。完全に症状が出ていて、周囲から「それ、絶対に花粉症だよ」と突っ込まれながら、頑強に「私は風邪をひいているだけだ」と言い張って医者に行かない人。私が典型的なそれだった。

「アタマがボーッとする。鼻水が止まらない。どうなっているんだ」

 周囲に当たり散らし、「早く病院に行きなさい」と親切に勧められても、「いいや、花粉症ではない」と突っぱねていたアホである。

 よく、「自分の体内にあるアレルギーのバケツから、花粉があふれたら花粉症は発症する」という比喩を聞く。思い起こせば、昨年の時点でバケツの表面スレスレだったのだ。「あとちょっとであふれる」というタイミングで、なんとか花粉の季節が終了して事なきを得ていただけなのだろう。

 しかし、昨年の3倍の花粉が飛んでいるといわれる今年。もう2月の段階から目がショボショボして涙出まくり。

 ついにアレルギーバケツがあふれたのだ。

 あとは本格的な花粉症への道をまっしぐらだ。市販のかゆみ止めの目薬くらいでは、とても症状が治まらない。ちなみに昨年は、目薬をさした直後は治まっていた。

 番組の台本を書くときに目がショボショボして字がかすむ。仕事上の資料を読み込んだり、DVDの映像資料を見るのが苦痛で仕方ない。しまいには仕事の行き帰りの楽しみ、電車内での読書が困難になった。一度、芸能週刊誌を読んでいる時に涙がポロポロ落ちてきて困ったことがある。周りから見たら、週刊誌を読んで号泣している「危ないオジサン」である。

 ここまで来て、さすがにアホの私も「これは風邪じゃ」と言い張っている場合ではないと思い、病院に駆け込んだ。その結果、医学的にも晴れて花粉症と認定され、49歳遅咲きの花粉症デビューを果たしたのであった。